熊本市北区にある完全予約制のプライベートネイルサロン「ココンフワット」

心の青空を保つ方法。

さて、先日のブログで

家族である看板猫”もこた”との

お別れの話を書きましたが

では今日はどうやって日々を過ごしたか

についてお話ししたいと思います。

 

私は結婚前にペットのお寺で働いていた経験があります。

もちろんすでに一緒に暮らしていたペットとのお別れの経験はありますし

仕事で経験させていただいたので

自分なりにお別れがやってくることは

覚悟していたつもりでした。

でも、いくら経験があっても慣れるということはないですし、

すっきりとした日々を送れるわけではありません。

 

弱っていく姿を見ていく過程はせつないですし

もっと早く何かできなかったかと罪悪感も出てきます。

心は通じていますが

言葉として理解することはできません。

何も手に就かず、やる気もおきない気分です。

 

そこで私を支えてくれたのが

心を整えるお茶”イロココチャ”でした。

毎朝、ソファーに座り看板猫たちを眺めて

お茶を飲みました。

いろんな思考をとっぱらい

今そこに生きているもこたを目にして

私がもこたと家族のためにできることを

日々考え行動しました。

 

もし心を整える日々を送っていなかったら

私は弱っていく彼を受け入れることができずに

病院が大嫌いだった彼を

毎日無理やり病院へ連れて行き

少しだけ延命させるにしかならない点滴をさせ

毎日嘆き悲しんで

最後の時を受け入れる勇気がなく

入院させて寂しい時間を過ごさせていたかもしれません。

 

お茶を飲んで

ゆるんで

自分の心に問いかけ

今ある状況を受け入れ

とてもつらい時期でしたが

穏やかな光の中でくつろぐ姿を見れる時間は

私の幸せの一瞬でもありました。

今思い返して見ても

最後の1カ月

ご飯を食べなくなってからの3日間

家族と過ごした時間は

最高に素敵な思い出です。

 

毎日、いろんな出来事があります。

晴れの日もあれば曇りの日もある。

そして台風がきたり

大雨が続いたりするときもあります。

その中にいても

私の心の中には温かい灯りがともっていて

それは変わることはありません。

どんなお天気の日でも

自分の内側の灯りに目を向ければ

とても穏やかで

そこにある幸せに気づくことができる気がします。

新メニューのイロココチャで

心の整え初めてみませんか?

 

ネイルやアロマタッチに

イロココチャメニューを追加していただけます♪

お問い合わせもお気軽にどうぞ♪