熊本市北区にある完全予約制のプライベートネイルサロン「ココンフワット」

私の足りないもの探し。

小学校から中学校にかけて

私はいじめられっこでした。

当時の私は正義感がやけに強くて

おかしなことはおかしいと

子どもならではの率直さで言葉にしてしまうような

そんな子どもでした。

きっかけすらももう思い出せない昔のことです。

 

私の母は

悪くないなら堂々と学校にいきなさい。

もし、何か悲しいことを言われたりされたりしたら

すぐに電話をしなさい。

迎えにいくから。

そのような教育方針だったので

毎日登校します。

教科書がなくなったり

机に落書きをされたり

机の下にびっちり画鋲がはりめぐらされて

太ももに刺さったりと笑

いろいろなことがあるたびに

母に迎えに来てと電話をし早退をしていました。

 

 

悲しい出来事があるたびに

私の何がいけなかったんだろう。

何故、こんなこをされなければならないんだろう。

ずっと考える日々でした。

私の足りないもの探しの始まりです。

 

 

高校進学を機に、私のこの真っ暗だった生活は一変し

誰からも嫌がらをされることもなく

孤独を味わうこともない

平和で穏やかな生活を手に入れたわけです。

 

 

今年の1月より学び始めた講座により

自分の心と向き合う日々を送っていることで

気がついたことがありました。

 

例えば

我が子の朝の支度がやたらと遅い。

私の何が足りなかったから?

 

伝えることは必要だったけど、

友達を傷つけてしまったかもしれない。

私の配慮が足りなかった?

 

日曜日のお休みの日

家族からの

今日は何もしなかったね。の何気ない一言に

私が何か提案することが足りなかった?

 

きりがないほど

私の日常は足りないもの探しで溢れていました。笑

 

 

足りないもの探し

重要なことで、とてもいいことのように思えます。

私の足りないもの探しはどうだったか・・・

 

過去の足りないもの探しの経験から正解が見つからなかった。

いじめられっこだった毎日を変えられなかった。

その事実は私を支配して9年間

私の元気、やる気、自由などを制限していました。

 

いじめられっこは過去になった今も

足りないもの探しをしているとき

同じように私を制限していたことを気づいたんです。

私は自分を責めるだけ責め続けていました。

 

 

初めてそれに気づいて、

もう卒業しようと思いました。

改善策を考えることができる私がいます。

今やれることに目を向けられる私がいます。

 

 

そして、悲しすぎて蓋をしていた経験も

蓋を開けて癒していこうと思います。

悲しい体験があるからこそ

悲しい出事事に寄り添って

話を聞ける私になれたこと。

逃げずに我慢する強さ。

一人に耐えること。

必ず終わりがやってくることを知り

自分を守るすべを覚えたり

全てはこの体験から得た宝物です。

 

全ての経験を活かして

内側からと外側から整えられるネイルサロン

ますます頑張ります♪

 

今日は春分の日ですね♪

宇宙からしてみると、宇宙元旦だそうです。

皆さんはどんな春のこの日をお過ごしですか?

先日tati先生のライブで復習したサンプルです。

 

素敵な一日になりますように☆