熊本市北区にある完全予約制のプライベートネイルサロン「ココンフワット」

coconfouato が投稿

イベントのご案内

7月7日shino-soraさん7周年の

イベントが大雨のため

7月11日(土)に延期になりました♪

先日のブログにも書いたように

動物への並々ならぬ愛情に溢れている私ですが

私のこれまでの経験を活かして

より幸せな家族や

より幸せな動物が増えたらいいなぁ♪

という思いから

家族として動物を迎え入れている方へ

より幸せを感じてもらえるようにと

内容を考えてみました♪

 

コロナで自宅にいる時間が長くなり

動物との新しい生活を始めた方や

テレワークなどで自宅にいる時間が増え

一緒に過ごす時間が増えた方も

多かったはずですよね。

 

今回はshino-soraのオーナーshinoさんが

長い時間をかけて作られた

イロココチャ(心を整えるお茶)を使って

私と彼らがどれだけ繋がり

お互いに愛を共有しているかを

改めて気づく時間にしたいと思います。

 

以下、詳細です。

 

期日  7月11日(火)10時~12時まで

場所  shino-soraさん

人数  6名様まで(先着順)

テーマ 『私とペットの繋がりを感じてみよう』

方法  イロココチャを使って

    心の内側からの思いを感じてもらいまAす。

持ってくるもの 筆記用具とその子の写真

   (写真は紙に印刷をしてきてください)

申込期限 7月10日(金)まで

申込先 coconfouatonail23@gmail.com

    lineで@wch7852pで検索して

    申し込みいただけます☆

愛に溢れた時間を体験してみませんか?

ご予約お待ちしております♪

 

 

 

 

新しい私、始動。






梅雨の晴れ間
皆さんいかがお過ごしですか?
 
さて、1月よりネイリストだけではなく
セラピストとしてもお役に立てれるようにと
勉強を重ねてきた私ですが
ついに新しいセラピストとしての扉を開けることにいたしました。
 
ホームページの私の紹介覧にも
少し触れていますが
私はペットのお寺で働いた経験があります。
(ペットとのお別れをする場所)
同じ尊い命を持つのに
私たち人間がその命を粗末に扱う現実
受け止められないお別れの悲しさ
後悔のあまりに過ごした時間さえも
空白にしたままだったり。
たくさんの悲しい思いを共有させていただきました。
 
 
一般的に動物のほうが先に旅立つのは
避けられないことです。
ですが、たくさんの経験をした私なら
より一緒にいる時間を幸せに過ごすお手伝いや
後悔の少ない時間をおくるお手伝いが
できるのではないかと思いました。
 
 
1月末に私も18年暮らした猫と
お別れをしました。
私の経験を活かし
セラピストという役割をいかし
6月に新しい家族を迎え入れた今
幸せな家族や動物を増やしたいと
より強く思うようになりました。
 
 
 
家族を増やすという選択をされている皆さんは
すでに愛情を持って
関わっていらっしゃることはもちろんです。
一緒に生活を共にするその子と自分が
いかにつながっているかを感じれば
より幸せや愛が循環する体験になると思い
イベントに参加させていただくことにしました。
 
7月7日、shino-soraさんにて
11時から13時まで2時間のイベントを
させていただきます♪
 
ペットを飼っていらっしゃるあなた
より繋がりを感じる
愛にあふれた時間を過ごしてみませんか。
詳しくはまた近日報告いたします♪
 
 

おすすめのリトリートメニュー

私はネイリストですので

外側つまりネイルを美しくするのが仕事です。

しかし

それだけでは何か足りないと思うようになり

DOTERRAのエッセンシャルオイルを使ったアロマタッチを取り入れ

心を整えるメニュー

イロココチャを使ったセッションをご用意しています。

 

 

1日貸切でこのメニュー全てを体験することができます♪

心をリセットし、

新しい自分で再スタートできるような

素敵なリトリートの時間にもなります。

 

今日はそのスペシャルメニューを体験された

お客様の感想をご紹介させていただきますね♪

 

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

 

今回、全てのメニューを受けました。

私は日々イロココチャを使って自分で整えていますが

自分だけで向き合うのが難しいテーマだと感じ

fumi.さんのメニューを受けてみようと思いました。

 

ブルーの色を選んで

あんなに深く悲しい気持ちが出たのは初めてでした。

最近あった出来事で、自分の中にその悲しみが

出てきていたのは感じていましたが

悲しい闇と感じる中に

「光」と感じるようなことがあったから

私は生きられてたんだなぁと

改めて感じた時間でした。

 

子どもの存在、

家族の存在、

自然、空、

全てに支えられながら活かされている。

8年前の時を思い出すことで

日々そうやって生かされていることに

感謝があふれました。

 

涙がずっと流れる

とても穏やかな時間で

fumi.さんはそこに寄り添って

受け止めて聞いてくれて

すごく安心しました。

fumi.さんの受容的な雰囲気の中で

深くまで見つめることができました。

 

アロマタッチをしてもらうと

体がスッキリして

無気力だった気持ちから

エネルギーが出てきて

明るい気持ちにもなってきました。

 

この感覚で

外側も綺麗に

今必要な色やアートを入れたほうが

自分を大事にできる感覚があふれる気がしたので

ネイルもお願いすることにしました。

 

グリーンの中に

落ち着いたブルーの花が咲いているような

アートを描いてもらって

その花たちがまるで

雨で洗い流されて

より美しくなるような

そんな雰囲気にしてもらい

10本のネイルで

一つの大きなアート

メッセージのように感じました。

 

日々、

このネイルを眺めながら

今日のイロココチャセッションの中で感じた

大切なことを思い出せそうです。

ありがとうございました。

 

 

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

S様

この度はありがとうございました。

このように感じていただけて

このサロンの目指す方向に合格をいただいた

そんな気がしております♪

ぜひ、またゆっくりいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

3代目看板猫登場。

皆さん、初めまして。

後ろ姿で失礼します。

新しく家族になりました。

きのこ♂→きのちゃんと呼ばれています。

 

 

毎日暴走して

いろいろなものにぶつかって

姉さんのくりねぇさんや

お母さんに不思議な顔で見つめられます。

 

 

僕の願いは

早くくりねぇさんと

一緒に寝てもらえるようになることです。

 

 

僕はまだじっとすることができないので

皆さんがここに来られたときは

走って通り過ぎるだけかもしれませんが

どうぞよろしくお願いします♪

次は、かわいい僕の顔をのせてもらうよう

お母さんにお願いしときます。

 

 

 

『イロココチャ』お客様の声

ネイルサロンで心を整える。

ん??と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが

内側(心)と外側(ネイル)一緒に整えることができる体験に

お客様より嬉しいお声をいただいてます♪

 

 

今日はいただいた感想のご紹介をしますね☆

●N様

いつも同じことの繰り返しで自分にとってわくわくすること

活力になることがなかったんだと気づきました。

それから、お菓子に依存している自分を手放そうと思えました。

これから行動したり、仕事をしたりすることで

やりがいを感じようと思いました。

依存しているものから離れようと決心もでき

今日はすっきりできてよかったです。

 

●K様

何に疲れているのか、モヤモヤしていたのかが分かった。

定期的に自分の気持ちを整理したり

考えたりすることは大切だなと思った。

 

●A様

今抱えていることについて気づいたことがありました。

不安に感じていたこと、難しく考えていたことが

少し柔軟に考えられるようになったと思います。

楽になりました。

 

●Y様

深呼吸一つするだけで心が穏やかになることを

慌ただしい生活の中で忘れていました。

しっかり体のすみずみまで酸素を送り込むことにより

リフレッシュができました。

五感を使い自分と重ね合わせることで

ものの見方も感じ方も一瞬にして180度変わりました。

ありがとうございます♪

 

●Y様

絵カードを不思議な気持ちで見入りました。

最初に感じたイメージと

お茶を飲んだあとのイメージの変化に驚きました。

心の奥底にあった自分の気持ちに気づくことができ

まだまだ深いところの気持ちも知りたくなりました。

 

皆さん、素晴らしいことに自分でたくさんのことに気づかれます。

お茶を飲んで蓋をしていた心が開き

自然と涙を流される方も多いです。

私もその時間を共有させていただいて

一緒に胸が熱くなります。

答えを知っているのは自分なんですよね~

 

自分のことがわからない。

私もこのイロココチャを飲んで

心を整えるまでそう思っていました。

今のあなたに

耳を傾けてみませんか?

お問い合わせ、ご予約お待ちしております。

 

 

 

家族(ペット)との付き合い方

我が家に新しい看板猫きのちゃんを迎え

先週月曜日からトライアル生活を始めました。

写真は次回のブログにアップしますね♪

お楽しみに~

 

 

動物と暮らすということは

人間よりも早く命を全うしてしまうため

ほとんどの場合、最後を看取ることになります。

 

 

私は動物のお寺で働いた経験があり

その時にペットロスについての勉強もしました。

実際、ペットとのお別れを受け入れられず

苦しい思いをされているお客様にも

たくさん出会いました。

 

 

私も今まで小さなころから

動物と生活を共にしてきて

たくさんのお別れもしてきました。

安楽死をすすめられて

介護しながら老衰まで一緒に過ごした経験もあります。

最近では1月に

18歳の看板猫もこたを亡くした経験があるので

弱っていく家族を目の前にし

揺れる心

何か気づけなかったのではないかと

自分を責める心

いろんな感情と共に過ごした期間があります。

 

 

亡くした経験から

自分をいまだに責め続けていたり

今から闘病をしなければならない飼い主さんで

どうしていいか不安で押しつぶされそうになっている方

そのような方も多いはずです。

 

 

自分の心の在り方で

現状は何も変わっていないけれど

大きな気づきを得て

立ち向かう勇気や

この出来事の意味

その子への更なる愛情などを確認し

今のご自分の気持ちを受け入れたり

ご自分を許すことができることもあります。

 

止まったままの時計があるとするならば

この『イロココチャ』のセッションを使って

その時に巻き戻って

心の蓋を少し開けて

苦しみから解放してみませんか。

 

 

心を整える『イロココチャ』セッションは

オンラインでも可能ですので

日本全国お受けいただくことができます。

お気軽にお問い合わせください。

ご予約もお待ちしております♪

 

 

 

 

 

 

私にも栄養をあげましょう♪

得体の知れないウイルスが

今世界中の人の心を

恐怖でいっぱいにしています。

 

悲しいニュースなどを聞いて

不安や悲しさでいっぱいになってしまって

どうしようもなくなるので

毎朝、ここの新メニューにもなっている

イロココチャで心を整えています。

 

今日私が選んだ色はグリーンでした。

雨の朝

庭の樹は春を受け入れるように

小さなつぼみをつけていました。

 

年明けに植えたチューリップも

一生懸命咲こうと

つぼみを大きくしています。

 

その景色が選んだグリーンの絵と重なって

涙が出そうになりました。

 

どんな状況に置かれても

自分を咲かせようと

こつこつ努力している植物や樹々。

その年にうまく花を咲かせられなかったとしても

毎日を精一杯生きようとしている。

たとえ、花が咲かなかったとしても・・・。

 

だからこそ私たちは

美しいと

心を打たれるのでしょうね。

 

今だからこそできることを

私も精一杯やろう。

この状況も全てを受け入れて

今の私だからやれることをやろう。

そして

私にもたくさん栄養をあげましょう。

 

 

 

私の足りないもの探し。

小学校から中学校にかけて

私はいじめられっこでした。

当時の私は正義感がやけに強くて

おかしなことはおかしいと

子どもならではの率直さで言葉にしてしまうような

そんな子どもでした。

きっかけすらももう思い出せない昔のことです。

 

私の母は

悪くないなら堂々と学校にいきなさい。

もし、何か悲しいことを言われたりされたりしたら

すぐに電話をしなさい。

迎えにいくから。

そのような教育方針だったので

毎日登校します。

教科書がなくなったり

机に落書きをされたり

机の下にびっちり画鋲がはりめぐらされて

太ももに刺さったりと笑

いろいろなことがあるたびに

母に迎えに来てと電話をし早退をしていました。

 

 

悲しい出来事があるたびに

私の何がいけなかったんだろう。

何故、こんなこをされなければならないんだろう。

ずっと考える日々でした。

私の足りないもの探しの始まりです。

 

 

高校進学を機に、私のこの真っ暗だった生活は一変し

誰からも嫌がらをされることもなく

孤独を味わうこともない

平和で穏やかな生活を手に入れたわけです。

 

 

今年の1月より学び始めた講座により

自分の心と向き合う日々を送っていることで

気がついたことがありました。

 

例えば

我が子の朝の支度がやたらと遅い。

私の何が足りなかったから?

 

伝えることは必要だったけど、

友達を傷つけてしまったかもしれない。

私の配慮が足りなかった?

 

日曜日のお休みの日

家族からの

今日は何もしなかったね。の何気ない一言に

私が何か提案することが足りなかった?

 

きりがないほど

私の日常は足りないもの探しで溢れていました。笑

 

 

足りないもの探し

重要なことで、とてもいいことのように思えます。

私の足りないもの探しはどうだったか・・・

 

過去の足りないもの探しの経験から正解が見つからなかった。

いじめられっこだった毎日を変えられなかった。

その事実は私を支配して9年間

私の元気、やる気、自由などを制限していました。

 

いじめられっこは過去になった今も

足りないもの探しをしているとき

同じように私を制限していたことを気づいたんです。

私は自分を責めるだけ責め続けていました。

 

 

初めてそれに気づいて、

もう卒業しようと思いました。

改善策を考えることができる私がいます。

今やれることに目を向けられる私がいます。

 

 

そして、悲しすぎて蓋をしていた経験も

蓋を開けて癒していこうと思います。

悲しい体験があるからこそ

悲しい出事事に寄り添って

話を聞ける私になれたこと。

逃げずに我慢する強さ。

一人に耐えること。

必ず終わりがやってくることを知り

自分を守るすべを覚えたり

全てはこの体験から得た宝物です。

 

全ての経験を活かして

内側からと外側から整えられるネイルサロン

ますます頑張ります♪

 

今日は春分の日ですね♪

宇宙からしてみると、宇宙元旦だそうです。

皆さんはどんな春のこの日をお過ごしですか?

先日tati先生のライブで復習したサンプルです。

 

素敵な一日になりますように☆

 

 

 

 

 

心の青空を保つ方法。

さて、先日のブログで

家族である看板猫”もこた”との

お別れの話を書きましたが

では今日はどうやって日々を過ごしたか

についてお話ししたいと思います。

 

私は結婚前にペットのお寺で働いていた経験があります。

もちろんすでに一緒に暮らしていたペットとのお別れの経験はありますし

仕事で経験させていただいたので

自分なりにお別れがやってくることは

覚悟していたつもりでした。

でも、いくら経験があっても慣れるということはないですし、

すっきりとした日々を送れるわけではありません。

 

弱っていく姿を見ていく過程はせつないですし

もっと早く何かできなかったかと罪悪感も出てきます。

心は通じていますが

言葉として理解することはできません。

何も手に就かず、やる気もおきない気分です。

 

そこで私を支えてくれたのが

心を整えるお茶”イロココチャ”でした。

毎朝、ソファーに座り看板猫たちを眺めて

お茶を飲みました。

いろんな思考をとっぱらい

今そこに生きているもこたを目にして

私がもこたと家族のためにできることを

日々考え行動しました。

 

もし心を整える日々を送っていなかったら

私は弱っていく彼を受け入れることができずに

病院が大嫌いだった彼を

毎日無理やり病院へ連れて行き

少しだけ延命させるにしかならない点滴をさせ

毎日嘆き悲しんで

最後の時を受け入れる勇気がなく

入院させて寂しい時間を過ごさせていたかもしれません。

 

お茶を飲んで

ゆるんで

自分の心に問いかけ

今ある状況を受け入れ

とてもつらい時期でしたが

穏やかな光の中でくつろぐ姿を見れる時間は

私の幸せの一瞬でもありました。

今思い返して見ても

最後の1カ月

ご飯を食べなくなってからの3日間

家族と過ごした時間は

最高に素敵な思い出です。

 

毎日、いろんな出来事があります。

晴れの日もあれば曇りの日もある。

そして台風がきたり

大雨が続いたりするときもあります。

その中にいても

私の心の中には温かい灯りがともっていて

それは変わることはありません。

どんなお天気の日でも

自分の内側の灯りに目を向ければ

とても穏やかで

そこにある幸せに気づくことができる気がします。

新メニューのイロココチャで

心の整え初めてみませんか?

 

ネイルやアロマタッチに

イロココチャメニューを追加していただけます♪

お問い合わせもお気軽にどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが教えてくれたものたち。

小さなときから動物が大好きで

ずっと生活を共にしてきました。

 

夢をあきらめて就職したとき

新しい職場でのいろんなことがあったとき

家族を持って上海へ渡ったとき

妹のくりちゃんが家にやってきたとき

子どもができたとき

新しい夢をもったとき

そして夢を叶えてネイルサロンを開くとき

いつもそばにいてくれて

看板猫としてお仕事をしてくれて

多くを語らず

クールにかっこつけて

私のことを見守ってくれたもこたが

2020年1月25日に18歳で虹の橋を渡りました。

 

いつかはお別れがくることを

わかっていたけれど

こんなに受け入れ難く

理解し難い日々は

過去になかったように思います。

 

それでも彼は

私の背中を押し続け

彼の体力がどんなに弱っても

彼がゴロゴロと喉をならさなくなっても

私は仕事を休むことをしませんでした。

私が彼の体調に左右され

普通の日常を送れなくすることを

彼が望んでいないと思いました。

 

最後のときは

本当に安らかで

眠るように

だんだん冷たくなっていきました。

私たち家族が悲しすぎないように

少しずつ虹の橋を渡ってくれたんだなと

思いました。

 

 

家族として信頼すること

私が私を信頼すること

一生懸命生きること

たくさんのことを教えてくれました。

 

彼がいなくなっても

日常はやってきて

外出から帰宅したときに

庭に彼がいるような気がしました。

ふと目をやると

去年植えたお花が1輪咲いていました。

毎日が過ぎていく中で

泣くことさえできなかった私は

その1輪の咲く花を見て涙しました。

つらい時は泣いたっていい。

頑張れないときだってある。

もこたが教えてくれたような気がしました。

ありがとうの一言では言い尽くせません。

 

大切な家族との別れ

肉体は離れてしまったけど

心はずっと一緒にある。

 

そんな日に作ったサンプルです。